gré

公式インスタグラム

Snow

2021.12.26 -[ snow / その他

KashiWax

KashiWaxが入荷しました。

「地球に優しく自分にも優しい」をコンセプトに、ワールドカップからバックカントリーまで対応できるワックスです。

雪を楽しむ私たちは最も環境の変化に敏感な人たちの一人です。

人が引き起こしている環境への負荷というものは未知数な部分が多く、何がどう作用しているのかを知るのは何千年も先かも知れませんが、少なくとも私たちができることは負荷を減らそうと意識すること。

製造から消費まで、いかに環境負荷を減らすか。それと同時にそのような製品を選んでいただけるだけの性能や使いやすさ。

カシワックスはオリンピックや世界選手権、ワールドカップといった競技の世界で結果を残しコンペティターに信頼されるものでもありますが環境問題に敏感な人たちからも「環境に優しい商品」として認知され、ご愛用いただいてもいます。

 

カシワックスの中で最も融点の低いワックスです。 滑走後にクリーニングやベースメイクの初期段階に使用します。

固形ワックスは温度が高くなると徐々に柔かくなります。完全に液化する温度を「融点」と言いますが、柔かくなり始める温度を「軟化点」と言い、KWX-1の軟化点は約30℃です。 夏の気温であれば握り潰せるほど柔らかくなります。

柔かい状態のワックスは密度も低くなります。 密度が低くサラサラな状態のワックスは細かい隙間に染み込みやすく、アイロンの熱で伸ばされた KWX-1 は滑走面の隙間に広がっていきます。 室温で徐々に冷まされていくとワックスは収縮(密度が高くなる)します。

 

KWX-1、KWX-2、KWX-3は3つで1セットになるワックスです。 浸透に特化したKWX-1、滑走に特化したKWX-3、そしてその間をつなぐのがKWX-2です。

ワックスは一つ一つ密度が異なります。そのために大きく密度が異なると水と油のように分離して層になってしまい上手く結合せず剥がれやすくなってしまったり、せっかくベースメイクしてもベースの効果が無くなってしまいます。

KWX-1は「柔かい=低密度」。KWX-3は「硬い=高密度」。
わかりやすく対比させての「低・高」ですが、この差が大きいと作業時(後から塗るKWX-3の)の熱量によって効果が大きく異なってしまう、つまり作業する人の加減で結果が異なってしまう問題が生じます。

そこでKWX-2はアイロンで溶かしたときはKWX-1に近い密度になり、室温(20℃前後)で固まったときにはKWX-3の密度に近くなることで、3つを相互作用で理想的な状態にすることができます。

※ワックスを剥がした際に出るワックス滓ですが、カシワックスのすべてのワックスは燃やしてもガスなどが発生しない安全なものです。 「燃えるゴミ」で処分して問題ありません。ロウソクと同じです。またバクテリアによる自然分解も可能です。

商品名:KWX-1 容量:100g  1,980円

商品名:KWX-2 容量:100g 1,980円

商品名:KWX-3 容量:100g 1,980円

温度を感知するKWX-3に対して、温度を感知せずに「硬いままで」と調整するのがKWX-4です。使用方法はKWX-3を塗ったまま(剥がしていない)の滑走面に上からアイロンで垂らして重ねた状態で塗り伸ばします。

極寒冷地での滑走では滑走面全体に使用しますが、0~-15℃の範囲でもエッヂ際だけワックスが抜けやすい場合などは、その部分だけ使用するのも有効です。

全体に使用する場合はKWX-3と1:1程度の比率で使用します。 より硬さを増したい場合にKWX-4を単体で使用される場合は、硬いワックスは柔軟性がないために割れやすいという問題が生じます。スノーボード(スキー)の柔軟性に対して、ワックスの柔軟性が足りないと塗ったワックスに細かいヒビが入って、大きな摩擦を生じます。

商品名:KWX-4 容量:100g 2,640円

 

 

商品名:ND-7 容量:10g・30g・100g 雪温:0~-4℃

春の水分の多い雪用。コース内・外を問わず気温が高い状況では有効です。
雪の上に汚れが目立つ(黒く見える)ような状況では、[NM-7]または[MO-8]を使用してください。[ND-7]は8、9に比べて柔かいので生塗りしたときに多量に塗りやすいため、コルク後に滑走面を雪に着けて充分に冷やしてからブラッシング(スモールブラスブラシ)してください。

[価格] 10g:2,200円

 

 

商品名:ND-8 容量:10g・30g・100g 雪温:-4~-10℃

圧雪されたコース内用。水分が多いと言われる地方のコース内で滑る場合はほとんど[ND-8]でストレスなく滑走可能です。すごく寒い日は[NM-9]。
雪の結晶が残った大きめの粒の雪が浅く積もる(10cm程度)くらいなら雪が降って来ても、そのまま使用可能です。レースでの使用頻度も高いです。

[価格] 10g:2,200円

 

 

商品名:ND-9 容量:10g・30g・100g 雪温:-5~-25℃

非圧雪で万能です。雪同士の結合が弱い非圧雪でも一般的なワックスに比べて失速することなく、適応雪温も-5~-25℃と極めて広いことで、トップからボトムまで対応できる使い勝手の良いワックスです。
雪の汚れが気になる場所や、風が強い場合は [NM-9]、[MO-9]に切り替えます。

[価格] 10g:2,200円

 

 

商品名:MO-9 容量:10g・30g・100g 雪温:-5~-25℃

非圧雪で過酷と思えるロケーションに万能です。標高3000mオーバーの環境やボトムでもテントが飛ばされそうな日。また人工雪(アイスクラッシャー)や硫安を大量に撒いたレースでも有効です。[MO-8]と比較テストを行って選択します。
生塗りの場合はスモールピッグブラシ(お持ちでない場合はナイロンまたはボア)で仕上げます。

[価格] 10g:2,200円

SNOW商品一覧へ